フェリーの乗り方

フェリーがお得だとわかっても、「乗り方がわからないよー」
って人はいませんか?

初めてはちょっとドキドキしますが、そんなに難しくないので大丈夫です。
利用方法について、説明しますね。
【1】 予約をしましょう
フェリー会社に電話するか、インターネットで予約ができます。

予約の時には、車のナンバーや大きさを伝える必要がありますので、
手元に車検証を準備しましょう。

長距離フェリー航路/フェリー会社を調べるには、
日本長距離フェリー協会」が便利です。


【2】乗船当日
乗船当日は、遅くとも出港の1時間位前までに港に到着しましょう。

到着したら、乗船手続きをして下さい。
乗船手続きのときにも車の大きさを記入しなければならない場合があるので、
車検証を持って窓口に行きましょう。
インターネット予約をした人は、あらかじめ書き込まれていることもあります。
ちょっと便利ですね。


【3】いよいよ乗船
車での乗船は、フェリー会社の係りの誘導に従って乗り込んでください。
船内の駐車スペースにも係りの人がいて、他の車とぶつからないよう的確に
誘導してくれます。ガソリンスタンドでの誘導みたい。

誘導の声や笛がよく聞こえるように、窓は開けておきましょう。
(駐車したら閉めるのを忘れずにね)

車で乗船するとき、同乗者は一緒に乗船できない会社があります。
同乗者は別の人専用の入口から乗船するのです。
その場合、同乗者に切符を渡すのを忘れないようにしましょう。

出向したら駐車デッキは立ち入り禁止となります。
船内で必要な物は忘れないように持って行きましょう。


【4】船内でのすごし方
個室/指定席などを利用する人は、フロントに行きましょう。
そこで、部屋の鍵をもらいます。

船が出港して落ち着いたら、レストランに行くもよし、お風呂にいくもよし、
ゲームセンターやカラオケが完備されている船もあります。

ゆっくりとした船旅を楽しみましょう。


【5】下船
目的港が近づくと駐車デッキが開放されます。
ドライバーは、速やかに自分の車へ乗り込みましょう。

下船が始まっても、車に戻っていないと、後ろの車の人が動けなくなり
大変迷惑になるかもしれませんので....

下船時も同乗者は一緒に車に乗れない場合があります。
同乗者は、人専用の出口から下船することになります。
港の建物の前などで合流しましょう。

細かい部分は、各フェリー会社により違いますが、基本的な流れは
かわらないと思います。
この流れを知っていると、フェリーに乗るのも難しくなさそうでしょう?



★同カテゴリの他の記事★

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フェリーの乗り方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.toktra.com/mt-tb.cgi/38

コメントをどうぞ